一般社団法人
ガールスカウト茨城県連盟
本文へジャンプ    
   

活動報告


県南地区スカウト集会〜 in茨城県自然博物館(坂東市

2017年8月26日(土)
茨城県自然博物館(坂東市)において、県南地区スカウト集会が行われました。
7か団 72名(一般参加者含む)が集まり、博物館のボランティアの方が念入りに
準備してくださったネイチャーウオークラリー・ビンゴを楽しみました。

野鳥や植物の観察、珍しいキノコの数々、苔のしおり作り、はさみを使って紙で昆虫作り、
竹の水鉄砲など様々な体験と出会いに感動。目玉は企画展として昆虫大研究プロジェクトが
開催されていて、クイズや缶バッジ作りにも挑戦し、良い記念と思い出の一日となりました。


 
 


ガールスカウト茨城県連盟40周年記念キャンプ

H29年7月15日(土)〜17日(月) 福島県国立磐梯青少年交流の家にて
ガールスカウト茨城県連盟40周年記念キャンプを行いました。



就学前1年のテンダーフットスカウトから成人会員総勢215名で茨城県内各地
から集まりました。

現地では、宿泊棟に年少部門のガールスカウトが宿泊し、年長部門の小学5年生〜
高校生
などがテント生活や野外料理を体験しました。

1日目は磐梯青少年交流の家をオリエンテーリング、語り部の方から会津民話を聞いたり
して過ごしました。
2日目の午前、年少部門スカウトは本館付近の樹木や草花を探すオリエンテーリング、
年長部門スカウトは郊外に出て野口英世関連のウォークラリーをパトロールで協力して
探し歩きました。午後のプログラムは茨城県連盟の40周年を振り返るコーナー、防災バッジに

挑戦する雨カッパ作成コーナー、クイズやソング・ゲームのコーナーなどで楽しみました。
年長スカウトは野外炊飯場に移動し、カレーライスをつくりました。
 
 
 
初めて釜でご飯を炊くスカウトもいましたがおいしいご飯を食べることができました。
夜は残念ながら雨天のためキャンプファイヤーからキャンドルファイヤーに変更しましたが
参加者全員で歌ったり踊ったり過ごしました。
 
3日目は、うるしまき絵体験でレンゲや木のスプーンに思い思いの絵を描きました。
絵を描いて乾かしてから好きな色のラメをつけると素敵な作品ができ、世界に1つだけの
お土産ができました。
ふりかえりシートの記入には、新しいお友達をたくさんつくれたとか自分の係を責任を
持って果たせたなど交流や自分を見つめ直した経験ができたようです。




講習C

平成29年7月1日(土)〜2日(日)水戸市自然の家において講習Cが行われました。
7名が参加し2パトロールに分かれ講習がスタート。
一日目は雨降る中の研修でしたが、屋外に出て自然を五感で感じ、各々の感性が
きらりと光るアクティビティを楽しみました。

テント設営やキャンプクラフトでは、団に帰ってスカウトに教えられるよう、皆、
真剣に取り組みました。

二日目は受講者が実際に「朝のつどい」を運営してみたり、プログラムを企画したり、
パトロールメンバーと協力しての活動。

それぞれが経験してきたキャンプのことを話し合ったりと、情報交換もでき、
様々なことを学ぶことができました。

同時に行われたブラッシュアップ研修にも3名が参加し、自然物を使った
クラフトを作ったり、活発な話し合いが行われました。

キャンプのシーズンを前に、有意義な研修ができました。



平成29年度ステップ・ジャンプ集会 楽しいを、もっと。仲間を、ずっと。
未来へ、続け。 〜私たちはアクティブガール〜




実施日:平成29年6月18日(日)
場所:水戸市社会福祉ボランティア会館ミオス
参加者:スカウト45名 スタッフ12名

水戸市社会福祉ボランティア会館ミオスに 於いて、平成29年度ステップ・ジャンプ集会を
行いました。 ”Jr6年生にSrの楽しさを分かってもらうにはどうしたらいいか?”
”キャンプファイアーで新しいソングを覚えてもらいたい” など参加者に楽しんで
もらうために、実行委員が考えた アイデアがたくさん詰まった集会でした。
チームビルディングでパトロールメンバー同士の結束を固め、 ソングでは、
実行委員の先導で、ほぼノンストップで振りをつけながら 大声で歌い、
まるでライブ会場のような熱気に包まれました。 特にスカウトたちに好評だったのは
ディベートで @「きのこの山とたけのこの里」どっちが好き?” A彼氏にするなら
「顔・性格」どっちを選ぶ?” この2つのお題に熱い議論が飛び交いました。
結果発表は、パトロールごとにスタンツ形式で行い、 イケメンなりきりの名演技や、
お菓子に対する熱いコメントなど、 工夫をこらした発表に、会場が笑いの渦となりました。
参加したスカウトからは、「楽しかった」「友だちができた」 「また参加したい」といった感想が
たくさんありました。




一般社団法人ガールスカウト茨城県連盟第6回定時総会

平成29年 5月20日(土)
於 県立青少年会館

このほど一般社団法人ガールスカウト茨城県連盟第6回目の総会が行われました。
橋本昌茨城県知事はじめ多くの御来賓の皆さま方ご出席のもと、臼井連盟長の挨拶の
あと、茨城県知事より優良青少年団体表彰として第8団と第10団が表彰されました。

日本連盟より団永続章、永続奉仕章の授与、茨城県連盟表彰と続き、これまで支部、
連盟を支えてきた永年の奉仕に対しての功績に対し大きな拍手が寄せられました。


そのあとシニア・レンジャ―の活動報告が行われました。
レンジャー全国キャンプや北関東地区スカウト集会の様子などを堂々と発表し、ご来賓の
皆様にも見ていただき、各団の団委員長やリーダー達もスカウト達の成長と活躍ぶりを
頼もしく思いました。
そして議事に入り、今年度は役員選出委員の改選もあり、すべての
議案が承認され、29年度がスタートをいたしました。

 



茨城県連盟 40周年記念式典

平成28年10月8日(土)に一般社団法人ガールスカウト茨城県連盟
周年の記念式典を行いました。

場所:ホテルレイクビュー水戸 飛天の間
参加総数:147名





北関東地区スカウト集会

平成28年9月17日(土)〜19日(月・祝)に北関東地区のスカウト集会
が行われました。

テーマ「みつけよう!自分 つながろう わたしたちの仲間」
場所:常陸太田市 西山研修所
参加者:シニア34名・レンジャー24名・成人24名

その時の様子は下をクリック!!
20161113133439.pdf



5月22日(日) ガールスカウトふれあいの日 
 中央地区ちびっ子広場


Chibikko.pdf


一般社団法人ガールスカウト茨城県連盟第5回定時総会

平成28年 5月15日(日)
於 県立青少年会館

このほど一般社団法人ガールスカウト茨城県連盟第5回目の総会が
行われました。御来賓の皆さま方ご出席のもと、安連盟長の挨拶のあと、
茨城県知事表彰で優良青少年団体表彰として第2団と第6団が茨城県より
表彰されました。

日本連盟より団永続章、永続奉仕章の授与、茨城県連盟表彰と続き、
これまで支部、連盟を支えてきた永年の奉仕に対しての功績に対し
大きな拍手が寄せられました。

そのあとシニアレンジャ―の活動報告が行われました。
3月末に行った沖縄研修の様子もパワーポイントで披露されました。
シニア、レンジャーは全国キャンプやギャザリング北関東地区大会の
様子などを堂々と発表し、ご来賓の皆様にも見ていただき、各団の
団委員長やリーダー達もスカウト達の成長と活躍ぶりを頼もしく思いました。

そして議事に入り、今年度は役員の改選もあり、すべての議案が承認され、
無事新体制で28年度がスタートをいたしました。



スカウトの翼 沖縄研修
2016年3月25日(金)〜3月27日(日)

戦後70周年という節目に、スカウトの仲間と共に日本の平和の原点を見つめて
もらい、沖縄を満喫して有意義な研修にし、自分たちで感じたことを行動宣言する。
また、ジュニア(6年生)はシニアへステップアップすることを目指しながら、沖縄研修を
行ないました。


以前沖縄へ旅行に行ったことがありますが、目に入ってくるもの全てが
キラキラしていて、輝いている場所。私にとって沖縄はそんなイメージでした。
ところが、今回参加して、沖縄の見方が変わりました。1日目の平和学習では
目をそむけたくなるような写真や映像、耳をふさぎたくなるような事実が、
ここ沖縄で70年前にあったこと。70年前の人々は今私が立っているここで、
何を考えていたのだろう?どんな思いで立っていたのだろう?このきれいな海を
どんな思いで眺めていたのだろう?どんな思いで日々を過ごしていたのだろう?
そんなことを考えるようになり、沖縄をまた違う視点から見て感じることができました。

6年生の感想    新しいお友達がたくさんできた。沖縄のことをいろいろ学ぶことが
できた。学校や家庭で学べない事を学べたし、これからの社会などに生かして
いきたいです。平和などを未来に残していくには、いろいろな人に伝えていくことが
大切なのがわかった。時間の大切さがわかった。家族旅行では体験できない、
貴重な体験ができた。遅刻をするとみんなに迷惑がかかることが分かった。
シニアのお姉さんや沖縄のガールの人ともお友達になれたし、自分がシニアに
なった時の目標ができた。



okinawa.pdf


県知事表彰お祝い会  ローズリングクラブ




2016年1月27日(水)11:30〜14:00
水戸プラザホテルにて

今年度は島田豊子さんが茨城県知事賞を受賞され、お祝い会と親睦会を
ローズリングクラブ主催で行ないました。
昨年は相馬時子さんが受賞されています。

ローズリングクラブは、ガールスカウト運動に携わった方または深い関心を持つ方で
スカウト活動を経済的に支援し、特別事業の支援・少女と若い女性のための支援を行って
いるクラブです。
ガールスカウトの成人会員で、興味があり一緒に活動してみたいかたは、いつでも
お待ちしております。


フレンドシップラリー ジュニア・ブラウニー

11月7日〜8日
栃木県とちぎ海浜自然の家(茨城県鉾田市)で
フレンドシップラリーが行われました。


Br・Jr rallyP1-2.pdf
Br・Jr rallyP3-4.pdf
Br・Jr rallyP5-6.pdf


教育再生プロジェクト

平成27年11月29日(日)
教育再生プロジェクトが行われました。

 
 
kyouikusaisei2015.pdf


9月13日茨城大学講堂にて茨城ユニセフ協会5周年記念式典が行われ
ガールスカウトが活動報告を行いました。

「2015年9月25日付 茨城新聞」

 

茨城ギャザリング

6月14日(日) 水戸市赤塚駅前ミオスにて、平成27年度茨城
ギャザリングを実施し、シニア18名 レンジャー8名 成人4名
スタッフ8名の参加がありました。

今年のテーマ girls worldwide say 「一緒にならこの世界を変えられる」
語りつくそうよ!ガールはみんなあったかいんだから〜♪
をもとに、3つの分科会に分かれて話し合いを行いました。
ギャザリングに初参加のスカウトもいて、最初は緊張した様子でしたが、
実行委員のレンジャーが、アイスブレイクで場を和ませ、
分科会では、助言者のリーダーが 意見が出しやすい雰囲気作りを
してくれ、最後の発表では全員が発表する機会があり、充実した
ギャザリングになりました。
基調講演では、ガールスカウト29団の田中玲子様をお迎えし、
海外青年協力隊(チュニジア派遣)でご活躍されたお話などを
伺いました。田中様は、自分の進路を決めるときに、スカウト時代に経験した
募金活動や奉仕作業を振り返り、人に役立つ仕事をしたいと海外青年協力隊
の道に進まれたそうです。ガールスカウトの経験が将来の進路に大きく
影響するということをあらためて実感し、多くのシニアレンジャーに聴講して
もらいたかったと思いました。

  

2015 咲かせよう!さくら
日時:2015年7月11日(土)〜12日(日)
場所:岩手県陸前高田市

参加人数:シニア・レンジャー・一般高校生・リーダー・成人会員  55名

11日、県内各地からスカウト達が早朝に2台のバスに乗り込みいざ陸前高田を
目ざして出発しました。お昼前に、やっと世界遺産の平泉中尊寺に到着、金色堂の
きらびやかさと、自然に囲まれた壮大な歴史ロマンにしばし浸りました。
スカウトたちは、岩手県を訪れた人たちにガールスカウトの紹介をしつつ、
震災前と震災後の生活の変化や気づきをインタビューし、自分たちの今後の
活動に生かせるヒントをつかみたいとアクションを起こしました。
気持ちよく皆さんが対応して下さり、お礼に作りのクラフトを渡しました。

陸前高田に到着し現地のガイドさんの案内で当時のお話を聞きました。
そのあと各団の参加しない年少スカウトやリーダーたちが集会で心を込めて
折った千羽鶴を、追悼の施設に奉納し黙祷を捧げました。鶴は7000羽
届けることができました。この日は震災から4年4か月の月命日にもあたり、
多くの方がお花を持ってお参りに来られていました。

  
  
夕方に現地の方に来ていただき、スカウトたちと交流の集いを行いました。
スカウトたちは、現地の皆様のお話を食い入るように一言も聞きもらさないようにと
聞いている姿が印象的でした。夜はインタビューやお話を伺ったことをもとに
自分たちはどう行動すればいいか、今後の活動にどう生かそうかと
話し合いをしました。

  
次の日の12日、1.17阪神大震災の神戸から分灯された「希望の灯り」
前での「慰霊の集い」で祈りを捧げました。

昨日の話し合いの結果は木陰の中で発表しあいました。
陸前高田商工会女性部の皆さんが宿泊ホテルまで出張販売に来てくださり、
お土産を
買いました。
 
 
ちょうど12日に誕生日を迎えたスカウトとリーダーにお祝いの歌をプレゼントしました。
また3年前に植えた桜の木の視察も行い、鹿に若芽を食べられた木も
あったということでしたが、何本かでも大きく育った桜の木に感動し、
12日夜、茨城に帰ってきました。

  
何よりも現地での受け入れを快くお引き受けいただき、各方面に
お手配いただきました多くの皆様のおかげでスカウト達は命の尊さ、
自然の脅威を改めて知り、これからの活動を考えるいい機会となりました。
この事業を支えていただいた多くの関係者の皆様に心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。


茨城県青少年育成協会 感謝状授与
平成27年6月26日 会場: 県立青少年会館

平成26年度「親が変われば、子どもも変わる」運動推進事業を実施し
青少年健全育成に多大な成果をあげたことに対し、
茨城県青少年育成協会 総会時に感謝状が授与されました。
 



一般社団法人ガールスカウト茨城県連盟
第4回定時総会

平成27年 5月10日(日)於 県立青少年会館

茨城県連盟第4回の定時総会が橋本昌茨城県知事はじめ多くの
ご来賓の皆様ご出席のもと、連盟長の挨拶、日本連盟より団永続章、
功労章、永続奉仕章の授与、茨城県連盟表彰と続き、これまで連盟を
支えてきた永年の奉仕に対して大きな拍手が寄せられました。

 
そのあとシニア・レンジャ―の活動報告が行われました。

何度も打ち合わせや練習を重ね、日本連盟全国シニアキャンプ、
北関東ギャザリングに参加した様子を楽しそうに発表し、ご来賓の皆様も
熱心に聞いてくださいました。

 
総会の議事が進み、26年度の報告・決算、27年度計画・予算も承認されました。
本年度は役員選出委員改選の年でもあり、選挙ののち新しい委員が決まりました。

無事27年度がスタートしました。



大好きいばらき県民会議
大好き いばらき キャンドルナイト に、茨城県連盟が参加しました。
日時 平成27年3月11日(水)17:30〜19:30
場所 茨城県三の丸庁舎前
咲かせよう! さくら 講演会(2014年11月23日) のキャンドルナイトリレーの
キャンドルも灯して、キャンドルナイトに参加しました。
最後に参加者全員で「ふるさと」を合唱して、被災地域の復興を祈りました。

   


県南地区「親子ふれあい広場」

 親子でスタンプラリー
日時  平成27年2月22日(日)午前10時〜12時
場所  取手中央公民館(福祉会館)
内容  社団法人茨城県青少年育成協会様のお力添えをいただき、
    県南地区9か団合同でスカウト集会を持ちました。
        
      2月22日は世界友情の日、国際友愛の日として知られていますが、
      ボーイスカウト・ガールスカウト運動の創始者の誕生日として
      ガールスカウトではシンキングデイとしてその日を祝います。

     ガールスカウトの始まり物語のペープサートをみんなで見て、
      世界の国にちなんだ コーナーを回りダンスやゲームやクラフトなどを
      親子で楽しみました。
     
  
      最後はみんなで輪になって、振り付きの歌で体を動かして交流を深めました。

      参加者はガールスカウト、リーダー、成人会員、一般のお子さん、
      保護者の方など
106名の参加があり楽しい集いとなりました。  
      

茨城県女性団体支援事業〜少女に対する暴力をなくそう〜

ストップザバイオレンス研修会

“デートDV”について知り、少女が自ら“気づく”ことから
 成人は対応方法や支援方法を考える機会としましょう!
平成27年1月25日(日) 於:水戸市社会福祉会館 ミオス

シニアスカウト 9名 レンジャースカウト 4名  成人会員 32名
講師:石黒澄子氏『aware』(デートDV防止プログラム認定ファシリテーター)

講師の石黒先生のお話から、スカウトは「デートDVは身近に起きる問題」と気づき、
「学校の友達にも広めたい」と感じたようです。
成人は、「デリケートな問題。いつでも話を聞いてあげる存在になる」などの感想を
持ったようです。(谷井、菊地トレイナー)




フレンドシップラリージュニア

日 時  平成27年1月24日(土)〜25日(日)
場 所  県立さしま少年自然の家
 県内のジュニアスカウト6年生が集まり、茨城の自然のこと・ガールスカウトの
ことなどお互いに学びあい、教えあうと共に、多くの仲間がいることを知り、
バッジに挑戦しながら楽しく有意義な2日間とし、今後の励みとすることを
目的とし、第16回目のフレンドシップラリーが行われました。

「大好きなわたし」をテーマに「なりたい自分になるために」をサブテーマとし
友達や自分を見つめ最後は「自分に自信をもち、ありのままの自分でいよう!」
とみんなで誓い合いました。



ダイジェストはこちらをご覧ください(^−^)/
Jr rally.pdf



県連盟団委員長会議

11月23日(日)10時〜12時   於 県立青少年会館
11月15日〜16日にかけてNYCにおいて日本連盟主催で連盟長会議が行われ
ました。
その報告と県連盟からのお知らせを各団の団委員長・リーダー出席の
もと26年度第2回目の団委員長会議が開かれました。

日本連盟の2015年〜2017年の目標と戦略、2015年度事業計画の発表、新しく
ガールスカウトブランドの広報活動が展開される事、新しいロゴやキャッチフレーズ
などが紹介されました。また県連盟からは、「大好きなわたし」〜Free Bing Me〜
の取り組みの目標と流れについてやテンダーフット部門入会促進キャンペーンに
ついてや先日行われたはっぴぃーハロウィンの報告書ができたことなどの報告が
ありました。


 

 東日本大震災被災地支援事業 “咲かせよう! さくら”講演会

11月23日(日)13時〜15時   於 県立青少年会館
講師 村上康雄様
講演テーマ〜あれから三年 陸前高田の今〜

県連盟では震災後1年目の夏、シニア・レンジャースカウトが陸前高田に行き
桜の苗を植えました。昨年はその事業に参加できなかった成人会員やリーダーが、
桜の苗木の生育状況を見に出かけました。

今年は「みんなで教育を考える『教育の日』推進事業」の一環として岩手県陸前
高田市より講師の村上康雄様をお迎えして講演会を開催しました。

講演に先立ち、いばらき教育の日推進協議会会長の幡谷浩史様にご来賓の
ご挨拶をいただきました。
 
また幡谷浩史様が会長でもある「大好きいばらき」の「キャンドルナイトリレー」
にも参加をし、シニア・レンジャースカウトによるスカウツオウンを行いました。

村上康雄様は自らも奥様とお孫さんを津波で亡くされ、周りにはもっと悲惨な目に
あった人がたくさんいますので自分の被災したことをあまり話したくはないが、自分は
前を向いて生きていきますと強く訴えられました。

  
そして今の陸前高田の現状と今後について話してくださいました。
会場からは、ともすれば忘れそうになることもある震災のことをずっと忘れないで、
支援していきたいという声や、遠いところから茨城に来てくださったことを感謝する
声が上がりました。





ハッピーハロウィン

平成26年10月25日〜26日
茨城県立中央青年の家で「ハッピーハロウィン」が
行われました。

 
Halloween1.pdf
Halloween2.pdf
Halloween3.pdf
Halloween4.pdf
Halloween5.pdf
Halloween6.pdf
Halloween7.pdf
Halloween8.pdf
Halloween9.pdf
Halloween10.pdf


STAND UP宣言

10月2日理事会が行われ、理事全員でSTAND UP宣言をしました。
 茨城県連盟では開発目標の中の
  ・とてつもない貧困と飢えをなくそう!  
  ・子供の死亡率を下げよう!

  ・HIV/エイズ、マラリア、その他の病気が広がるのを防ごう!
を重点的に声をあげて行動をすることにつなげました。
またユニセフ募金の継続や連盟全体で、デコパージュ石鹸つくりを通して手洗いの
大切さをテンダーフット年代から知ってもらうように取り組んでいます。




ギャザリング


日 時 : 平成26年6月15日(日)10:00〜16:30
会 場 : 水戸市社会福祉ボランティア会館 ミオス
テーマ : girls worldwide say ”一緒にならこの世界を変えられる”
        happy people ? 〜we are つながーる〜
        分科会テーマ シニア、レンジャー共通
         @教育はすべての少女と少年の未来への扉を開く
         A私たちは、エイズ・マラリアなどの病気の広がりを止められる
         B一緒になら、子どもたちの命を救える
       
 
 
 「ガールスカウトギャザリング」って何?
         同年代のスカウトが、テーマについて自分の活動や体験したことから
         自分の意見を言い、他のスカウトの意見を聞きながら、仲間と考え
         を分かち合い、自分たちにできる事を行動に起こすためには、どう
         すればいいのか?を学びました。

        当日は、全国ギャザリングの報告マララ、ユサフザイさんの対談
        ビデオ鑑賞・分科会ごとに分かれて話し合い、全体会で各分科会
        ごとで話し合ったことの発表をし、宣言発表をしました。

        どの分科会でも、事前に調べてきたことを発表し、和気あいあいと話
        し合いが行われていました。仲間とともに自分たちに出来る事を宣言
        した事が、実行され、世の中を変えていく人「チャレンジエージェント」
        になっていただきたいと思います。


県連盟団委員長会議

6月7日(土)10時〜3時
於 県立青少年会館
5月11日の県連盟総会後、初めて各団の団委員長・リーダー・トレイナー・常任
委員が一堂に会し団委員長会議が開かれました。まず、安連盟長から5月24日
に行われた日本連盟第86回定時総会の報告がありました。

3月21日〜23日に行われたガールスカウト全国ギャザリングに参加したシニア・
レンジャー4人が会場に来て、北関東地区「行動計画」で「デコパージュ石鹸を作
る」ことを決めたことを報告しました。

このプロジェクトは、年少気の子どもたちがデコパージュという技法で石鹸をきれ
いに加工して、手洗いすることで病気を防ぐことを知ってもらう、またこの石鹸を
バザーなどで買ってもらいその売り上げをユニセフに寄付することを目的として
います。
各団でも、集会でぜひ作ってみてくださいとのことでした。
午後からは茨城県ユニセフ協会事務局長小澤八千代様を講師に招き、ご講演
をしていただきました。ガールスカウトとユニセフは深い関係があり、特に女子
教育の大切さについてお話がありました。



筑波大学国際植物の日 〜筑波大学みどり散歩〜

  5月18日(日)、筑波大学で開催されました「筑波大学国際植物の日 〜筑波大学
みどり散歩〜」に8団、16団が「ピースプロジェクト Greener×Greener」の取り組みを
展示発表しました。
スカウトたちは自団の取り組みを来場者にしっかりと説明していました。

また「ガールスカウト活動紹介」、県連盟としての取り組んでいる「咲かせよう!さくら」
の展示も併せて行いました。

 ガールスカウトブース内では展示の他、種子やシュロの葉を使ったクラフトやゲームの
体験コーナーを設け、来場した方々に楽しんでいただきました。

 近隣の3団、7団、12団、23団、40団のスカウトもたくさん参加し、筑波大学生命環境
科学研究科の研究室や企業による研究発表・体験ブースを見学しました。学生の皆さんが
やさしく噛み砕いて説明してくださった研究内容を真剣に聞いていました。

筑波大学の先生による「筑波大学構内植物ガイドツアー」では、晴れ渡った青空の下、
見る・触る・嗅ぐと、まさに五感を使い植物とふれあいました。スカウトはメモをとったり、
先生に質問をしたりと興味深く植物観察をしていました。

 参加したスカウト、リーダーから「楽しかった」「有意義な一日だった」との声がたくさん
聞こえてきました。

  

※「国際植物の日」は欧州植物科学機構の提唱により「世界のみんなで植物の
たいせつさを考える日」として2012年から始まりました。


一般社団法人ガールスカウト茨城県連盟第3回定時総会

平成26年 5月11日(日)
於 県立青少年会館
茨城県連盟第3回の総会が御来賓の皆さま方ご出席のもと、連盟長の挨拶、日本連盟
より団永続章、功労章、永続奉仕章の授与、茨城県連盟表彰と続き、これまで連盟を支え
てきた永年の奉仕に対して大きな拍手が寄せられました。

そのあとシニア・レンジャ―の活動報告が行われました。
今年はスカウトがパソコンの操作も担当し、パワーポイントを利用して、何度も打ち合わせ
や練習を重ね、県外で活動した様子を堂々と発表しました。

総会の議事が進み、25年度の報告・決算、26年度計画・予算も承認されました。
本年度は役員改選の年でもあり、選挙ののち新しい理事も決定し、役割も決まりました。

また監事の承認も行われ、26年度がスタートいたしました。
 

県北地区ブラウニー舎営


2月1日(土)〜2日(日)に、県北地区のブラウニースカウトが合同舎営をしました。

 テーマは、「わたしのまちのステキなところ」でした。
 日本で唯一、鵜飼いに使う鵜の捕獲をしている日立市の鵜の岬で、ウミウの捕獲場の
見学や本物のウミウを見たりしました。

参加スカウトが、自分たちが住んでる所のお気に入りの場所を紹介しあいました。
 夕食のカレーは、皆で作っておいしく食べ、夜のお楽しみ会も盛り上がりました。
初めて会ったほかの団のスカウトともすぐに仲良くなれ、楽しいお泊り会でした。

  


フレンドシップラリー ジュニア 
  とき 2014年1月25日(土)〜26日(日)
  場所 水戸市少年自然の家
  テーマ 宇宙(そら)からのおくりもの

 県内各団の6年生32名が家族に送られて三々五々集まってきました。
開会式では七色の風船を持ったリーダーからインディアンの伝説を基に作られた
「虹の物語が」披露されました。いつも争っていたこの世の色のすべてが、雨によって、
みんなはユニークなところがそれぞれあるが、お互いを認め合い希望のしるしとして
大きな弓になって大空に伸びるよう諭されます。こうして雨が世界を洗うたび虹が現れる
ようになったというお話です。

  
 こうして2日間のラリーがスタートしました。
 アクティビティでは「輝け未来のスター☆達!!」です。「宇宙(そら)連想ゲーム」
「宇宙(そら)うたボディパーカッション大合唱」「星に願いを」「虹の物語ブレスレット作り」
などわくわくするようなプログラムが読きます。

  
夕食のころには気持ちもほぐれてきて、仲間作りがさらに進みます。
夜はレンジャースカウトが来てくれて、シニアやレンジャーでの活動の様子を話して
くれました。クラフトも「星の王子さま」を作りました。王子様は笑った顔、困ったような顔、
怒った顔などそれぞれの顔をしていて楽しいひと時でした。

   
2日目はウォークラリーです。「スターツアーズof GS」というテーマで、リーダーから
ミッションを出してもらい、サバイバルに必要な技術を学ぶものでした。目的地に着いた時
のお茶のおいしかったこと、みんなの心の中に「友情」という言葉がさらに大きくなりました。

ラリーの閉会式では中学生になったら、シニアになりたいとほぼ全員が意欲を示してくれ、
この事業にかかわったスタッフから拍手がわきました。

寒さの中ではありましたが、気持ちの通った暖かいラリーとなりました。

茨城県連盟25年度第2回団委員長会議及び研修会

平成25年11月30日(日)
於 県立青少年会館

午前中は、安連盟長から11月16日〜17日に行われた日本連盟長会議の報告と
また連盟の26年度以降の組織改編への取り組みなどが話されました。
お昼休みに被災地支援の岩手県産品の販売などもあり、「咲かせよう!さくら」
への取り組みも継続していく様子がうかがえました。

午後は、井川トレイナーによる「情報の伝えかた」というテーマで研修を行いました。
茨城県連盟からの情報は各団へ全団メール配信ですが、各団内でどのように情報が
伝わっているのか、団委員長あるいは、メール受信担当者だけが知っている、情報が
滞っているのでは、とそれぞれのグループで状況を話し合いました。

また、会員に集会のお知らせや連盟の情報などをうまく伝えている団のお便りなどを
各団から出していただき、掲示しみんなで共有しました。

団の情報伝達で困っている、うまくいっている団の情報をみんなで話し合いながら団の
活性化や組織拡充を願い、ネットやモバイルだけに頼りすぎている情報化社会にどう
向き合うかを考えるひと時となりました。


茨城県連盟主催 咲かせよう!さくら成人研修

日時 2013年10月19日(土)〜20日(日)
場所 岩手県一関市及び陸前高田市
参加人数  成人会員35名
バス1台

早朝から県内各地から大型バスに乗り込み、お昼すぎには一関市に到着。
  平泉中尊寺金色堂、毛越寺、達谷の窟毘沙門堂と世界遺産になった
それらの歴史の重みとすばらしい景観にしばし、みとれました。
夜の宿泊場所は厳美渓のせせらぎが聞こえる旅館です。
夜は参加者同士の団交流会を兼ねて夕食をとりました。

翌朝、あいにくの雨ではありましたが、陸前高田に着くころには小雨になり、
一本だけそびえたつ「奇跡の一本松」の姿に感慨を深くいたしました。

また昨年シニアとレンジャーが植樹した桜の木は、どれもみんな枯れずに
少し大きくなっていました。
   
バスははこね山まで登り、「希望の灯り」の前で「慰霊のつどい」のスカウツオウン
をし、東日本大震災で尊い命を亡くされた多くの方々に黙祷を捧げました。

その敷地内の伝承館にて、現地の方々との交流会をいたしました。
 
昨年もお会いしてお話を伺った方々が来てくださり、震災の時の様子や
現在の様子などお聞きしました。初めてお会いした会員も生の声に真剣に
耳を傾けました。

昨年から集めた「さくら募金」やおみやげをお渡しし、陸前高田を後にしました。
渋滞に巻き込まれながら、県内に帰り着いたのが夜遅くなりましたが、これからも
現地のことを忘れないで、復興のお手伝いが少しでもできればと心に誓った旅でした。

最後に今回の研修は岩手県出身の12団山口紀代子団委員長の数々のお骨折りと
お手配のおかげで有意義な旅になりましたことをご報告いたし、感謝を申し上げます。

(さくら成人研修実行委員長   間宮真知子)                     


「第38回全国高等学校総合文化祭茨城県大会」プレ大会

 10月12日(土)高校文化部のインターハイとも言われる同大会が
つくばカピオで高校生の手で運営され開かれました。

式典に先立ち、つくば市内を、次の開催地滋賀県の高校生たちや
県内のマーチングバンドの高校生などがパレードをし、各団体の先導の
プラカードを持ったボーイスカウトとガールスカウトたちは堂々と行進をしました。
 式典では書道や美術・工芸・囲碁など23部門の代表生がセグウェイに乗った
生徒実行委員を先頭にボーイスカウト・ガールスカウトの先導により入場してきました。

 きりっと制服を着こなし県内各団から参加したレンジャースカウト達の顔は
同じ高校生たちの中でもひときわ輝いていました。
   
 茨城総文2014は平成26年7月27日〜31日茨城県で開催されます
  

リサイクル・ブックエイド

 連盟ギャザリングの実行委員の提案で、ギャザリング参加者の同意を得て
各団に呼びかけ実施しました。任意の活動でしたが、古本1445冊、CD252枚が
集まり、9月3日発送
しました。「リサイクル・ブックエイド」とは、公益社団法人
シヤンティ国際ボランティア会(SVA)の教育文化支援活動で、―アジアの
こどもたちに教育をーと不要になった本、CD,DVD,ゲームソフトを集め換金後、
活動、運営に役立てられます。
送料もかからず、家庭内に眠っているものの
活用で気軽な国際的社会貢献ができます。

プロジェクト委員会
 
 


海ガール つなガール


2013年7月6日(土)〜7日(日)於  大洗子どもの城
参加者 176名
梅雨明けの蒸し暑いさなか、大洗海岸に茨城県連盟の1年生から4年生までのスカウトと
お誘いしたお友達や保護者の方々が集まってきました。あいにく海は風が強く飛ばされそうに
なりながら、善清丸さんのご指導で地曳網の「つな」を一生懸命みんなで力一杯引きました。
 思ったよりたくさんのお魚が網にかかりました。
  

アクアワールド・大洗水族館のバックヤードを見学したり、夜の町探検やワクワクすること,
初めてのことばかりで一日が終わり、大洗子どもの城で宿泊しました。
早朝から実行委員は目の前の海岸から海水を120リットル汲んできました。
「はまなす塩つくり実行委員会」の皆様が大きなかまどで塩つくりをするのに使うためです。

新たに日帰りのお友だちも交えて、「波乗りキッズ」のプログラムが始まりました。
パトロールのお友だちと相談してスタンプラリーに出かけました。

クイズあり、ゲームあり、サモアというおやつ作りもあり汗びっしょりになりながら挑戦しました。
 
お昼ごはんを食べてから、クラフト作りです。

「はまなす塩つくり実行委員会」の皆様が作ってくださった、塩とビーズを小さなビンにつめて
最後はまき結びで細い紐をつけ、シールをはれば出来あがり。

   
お友だちもたくさんでき、思い出が一杯の「海ガール つなガール」となりました。


茨城 ギャザリング Heartbeat  響かせよう  心の声

 6月16日(日)水戸・赤塚ミオスにて、シニア18名 レンジャー13名の
参加者によって今年も開催されました。

一緒になら、こどもたちの命を救える
・全ての母親の命と健康は尊い
少女が力をつければ、世界を変えられる
3つの分科会のテーマを受け、茨城県ユニセフ協会事務局長 小澤八千代さんの
パワーポイントによる、「ユニセフからみた子どもと妊婦の保健」の基調講演が
ありました。
映像による解り易い内容で、世界の現状と、教育の重要性を
強調されていました。

その後の分科会では子どもたちは熱心に話し合いをし、自分たちの実践内容を
「今でしょうカード」に書き出し、いつやるの? 今でしょう。とコールしていました。
全体会では「リサイクル・ブック・エイド」が採択され、今年度、全団の皆さんの協力を
得て取り組むことになりました。
詳細につきましては、今後ギャザリング実行委員会で
決定しお知らせしていきます。
(プロジェクト委員長 臼井多賀子)
 

 基調講演には、茨城県ユニセフ協会事務局長の小澤八千代さんをお迎えし
「ユニセフから見た子供と妊婦の保健」というテーマでお話いただきました。

 世界の女子を取り巻く差別・厳しい環境の現状。識字教育の重要性。
日本独自に発展した「母子健康手帳」が海外に普及し始め、特に発展途上国では
イラストを多用して活用されているとの事です。(文字が読めなくても理解できるように)

日本が 支援出来る国であることに感謝し、身近な支援活動のひとつに、
ユニセフだけでなく リサイクル・ブック・エイドの紹介がありました。
(詳しくは[ブックエイド]で検索) 
その後、アイスブレイクでみんなの気持ちがほぐれ、
分科会、全体会へとプログラムがすすめられました。シニアでは、ほとんど初対面同士の
中で ひとつのテーマで話し合い、1枚の模造紙にまとめ上げる力強さを感じました。

レンジャーでは、身近なところに視点を置いて考えている姿勢に感動し、自分自身、
身が引き締まる思いでした。(情報委員会委員・岸)

 

茨城県連盟25年度第1回団委員長会議

平成25年6月9日(日)  於 県立青少年会館
会議の冒頭、10月に行われる「咲かせようさくら!成人研修」事業に
対しローズリングクラブ岩倉浦江会長から連盟に支援金をいただきました。

安節子連盟長から、日本連盟総会報告があり、会員獲得や会員継続の
必要性など多くの課題と県連盟のこれからの道筋などの方向性が話されました。

また各団で取り組んだお友だち増やそう作戦のまとめや、各委員会の
お知らせなどで午前中の会議は終了しました。

午後からは県連盟主催事業の「海ガール つなガール」の説明会と
打ち合わせ会がありました。

 

ローズリングクラブ総会

ガールスカウト茨城県連盟を支援いただいている ローズリングクラブ
(ガールスカウトのOG会)の平成25年度定期総会が、5月20日 
青少年会館にて開催されました。

議事に続き、各々の近況報告がされました。
95歳の須藤永子様も「皆に会うのを楽しみにしていました」と出席され、
和やかで、賑やかなひとときを過ごしました。



一般社団法人ガールスカウト茨城県連盟
第2回定時総会


平成25年 5月12日(日)於 県立青少年会館

一般社団法人になって第2回目の総会がこのほど行われました。
御来賓の皆さま方ご出席のもと、安連盟長の挨拶、日本連盟より
団永続章、功労章、永続奉仕章の授与、茨城県連盟表彰と続き、
これまで支部、連盟を支えてきた永年の奉仕に対しての功績に対し

大きな拍手が寄せられました。
そのあとシニアレンジャ―の活動報告が行われました。
何度もレポートに挑み、練習を重ねパワーポイントを利用して
全国各地で参加した様子を堂々と発表する姿に来賓の皆様からも
賛辞の声をいただき、各団の団委員長やリーダー達もスカウト達の
成長と活躍ぶりに感動しました。

総会の議事が進み、役員選出委員改選まですべて承認され、
25年度がスタートいたしました。



表敬訪問

ガールスカウト日立地区 日立市姉妹都市交流2013が開催され、
ニュージーランド連盟ガイド10名 (中・高校生年代7名
・成人指導者3名)が、4月30日、県連盟に表敬訪問しました。
お土産に、国鳥であるキュウイのマスコットとGSクッキーを頂き、
茨城県連盟からは、バラのデザインの連盟ピンを贈呈しました。

午後からは、着物に着替え、近くの偕楽園を見学。
笑顔の素敵なガイドの皆さんも楽しんでくれたことと思います。




岩手県連盟の中村様からお便りをいただきました。

rikuzentakata nakamurasama.pdf






さくら募金報告書

1. 名称  さくら募金
2.期間 2012年4月2日〜2013年3月31日
3.募金趣旨
東日本大震災では、茨城県内も被災し、各方面からの
お見舞いや
励ましをいただきました。
ガールスカウトでは2012年4月2日、
一般社団法人ガールスカウト
茨城県連盟設立を機に、支援に対するお礼の気持ちを兼ねて
まだまだつらい思いをされている東北の被災地の皆さんと交流や
奉仕を行い、復興の一助となるよう現地に桜の苗木の植樹を行うことに
なりました。

24年度の活動は7月14日〜16日 陸前高田市にスカウト達が出かけ、
桜の苗木を植樹しました。少女達がその経験から、自分たちにできる
ことを考え行動し、将来への夢と希望を自らの力でみつけることで、
「命を大切にする心」「生きる力を育む」ことをねらいとしています。

4.募金の使途及び金額
被災地に桜の植樹をするためにかかった費用、植樹をした後の維持
管理費などにかかる支援事業に使用します。
24年7月13日までの募金額は493,793円で岩手県「咲かせよう桜
プロジェクト」実行委員会へお送りしました。

またその後25年3月31日までに23,576円の募金がありました。
25年10月には
成人会員が陸前高田を訪問し、植えた桜の様子を
見に行きます。

その際に、それまでに集まりました募金を現地にお届けする予定です。
5.募金活動報告
県内の各団がそれぞれの地域の人とふれあいながら募金活動を
いたしました。活動方法は各団によって様々でしたが「ガールスカウト
ふれあいの日」の一斉イベントとして24年5月19日または5月20日に
県内一斉に行いました。地域のイベントの日にあわせて行った団もありました。

25年度も引き続き募金活動を進めて参りますのでご協力をよろしく
お願いいたします。


年長プロジェクト研修会
平成25年3月10日(日) JR赤塚駅前 ミオス
ジュニア(6年生) 13シニア   8
レンジャー     1リーダー   3名
来年度にシニア・レンジャーになる人を対象に研修会が行われました。

特に4月からシニアになる6年生の参加が多く、プロジェクトって何?
 レポートの書き方を学びたい など期待しながらも、不安そうな
参加者の面々。

アイスブレイクでは、シンキングデイ2013のテーマにちなんだ
○×ゲームを行い、その後の研修ではふれあいの日に向けて
「ユニセフ募金」のミニチラシ作りを計画、実際に当日配布できるよう作成し、

バッジにつなげるレポートのまとめを学びました。

ミニチラシは、各自持ち帰り、ユニセフ募金時に配布予定です。
集会に出られない、部活があってと何かと忙しい年長部門の
みなさん。趣味や学校生活からも自分の課題が見つかるはず。
時間を有効活用して、充実したスカウト活動をしてくださいね。




ジュニアラリー  「Let‘s  try オリンピアバッジ」

平成25年1月26日(土)〜27日(日)
水戸市少年自然の家

「炎」を形どった用紙に好きなことを書き、その用紙を
手に各団から集まったジュニア6年生は開会式に臨みました。
一人ひとりの炎は小さいですが大きな聖火となりました。
  
「この聖火のもと、いよいよオリンピックの始まりです。
みなさん、競技はできなくてもいいのです。大切なのは、
一生懸命取り組む「こころ」です。というアナウンスのもと、
ジュニアラリーが始まりました。
大縄跳び、的当て、スパイダ―ネット、円盤投げなど
  
みんなで知恵を出し合い協力しないと出来ない競技や、
点字、長さあて、測定、救急法などの知識を増やし、
  
イギリスのティ―タイムとしてきゅうりサンドイッチをつくり
ミルクティーで一服しました。

夕食後は、あこがれのレンジャースカウトをゲストに迎え、
体験談を聞き、シニアにフライアップを迷っている6年生の励みになりました。

またアスリートの夕べと称し、ソング、クラフト、国旗パズル、オリンピッククイズ、
いばらきっ子かるたなどみんなで楽しみました。
  
宿泊は大広間でスカウト全員一緒に寝ました。
2日目もオリンピックの競技は続きます。
風船を使ってバレーボール、ぬいぐるみをバスタオルの上でトランポリン
させたり、
水泳帽子をバトン代わりに床をメドレーリレーで泳ぎつなぎます。
  
ぬいぐるみを頭に載せ、平均台に見立てたロープの脇を歩きます。
目隠しして、ロープを伝って歩き、パラリンピック選手の体験もしました。
おやつをかけて、パン食い競争ならぬ、おやつ食い競争には燃えました。
  
2012年流行語大賞になった言葉を使ってのスタンツもありました。
昼食を食べ
、ふりかえりをしていよいよ閉会式ではメダルの授与と
参加証をいただきオリンピックの幕が閉じられました。

スカウト達はあと少しで小学校を卒業し、中学生になったらシニアスカウトに
なりたいなという熱い思いを抱いて解散しました。

  


北関東地区連盟長・副連盟長会議及び
連盟理事役員研修会


201211/10〜11 北関東地区連盟長・副連盟長会議及び
連盟理事役員研修会が栃木県 オオシマフォーラムで
開催されました。
安連盟長と連盟理事3人が参加しました。紅葉の中、北関東6県の
連盟長、連盟理事の皆さんが連盟になってからのそれぞれの県での
悩みや取り組みを話し合い、有意義なひと時を過ごすことができました。
主催の栃木県の皆様ありがとうございました。



団運営のための研修

11/24  団運営のための研修  於青少年会館 60名参加
支部から連盟になって約半年、日本連盟のその後の動きや連盟での
取り組みなどを各団に伝えることと、登録時にあわてないように各団で
取り組んでもらうことなどを盛り込んだ研修会を県連盟主催で行いました。
特に、新しい団や団は古くても団委員長の経験の浅い方や、団で登録に
かかわる方などに「基本」から連盟の動きを理解してもらうことが狙いでした。
お昼休みには被災地支援で「咲かせよう!さくら」事業の一環で岩手県産の
ほたてやわかめなどの販売もありました。
最後に参加者に指導者単元申請書を書く研修があり、今後スカウトや
リーダーのアドバイスに役立ったことでしょう。



12/23 咲かせよう!さくら 事後報告会及び研修会 

 24年7月にこの事業に参加したスカウトから是非報告会を開きたい
との声があがり、
事業に参加の有無に係わらず、この事業をみんなで
ふりかえり、次につなげようと研修会を行いました。
現地でお世話になった方がテレビの報道特集に出られ、今なお行方不明の
お孫さんを探している様子などのDVDをみんなで見て、参加スカウトから
現地の様子や行ったことなど報告がありました。昼休みにはクリスマスの
クラフトを作ってホット一息つき、午後はレポートを作成し、バッジに
つながる研修を行いました。

最後にスカウト達が未来の自分の姿を用紙に書き、発表をしました。
スカウトの発案で始まった研修会ですが、スカウト達の熱い思いに、団での
活躍や少女たちの進むべき道を応援していこうと指導者たちは心新たにした
研修会でした。



いばらき教育の日

 第13回 「いばらき教育の日」推進大会

平成24111日(木)茨城県立県民文化センター大ホールにて第13回
「いばらき教育の日」推進大会が開催された。
その中で青少年からの提言を述べる場があり、県内の小中高生代表5
の中にガールスカウトも出場を依頼された。ガールスカウト茨城県第18
レンジャースカウト(大成女子高等学校3年)の畠山瑞季さんが
「ガールスカウト活動を通して考える大人像」と題して1500人の
聴衆の前で自分の意見を発表した。ブルーの制服をきちんと着こなし、
国旗に対して礼のサインもして演台に立った畠山さんは堂々と、しかも
落ち着いて話をし、さすが高校生と会場から大きな拍手を浴びガールスカウトの
PRにも一役を担った。

18団のレンジャー、畠山瑞季さんがスピーチを行いました。


スピーチ原稿はこちらをご覧ください。
kyouikuday-1.pdf
kyouikuday-2.pdf
kyouikuday-3.pdf

リーダーシップバッジ講習会及び実習


平成24年8月25日(土)〜26日(日)リーダーシップバッジ講習会が水戸・青少年会館で
行われました。当日はレンジャースカウト7名・プロジェクト委員2名・井川トレイナー・臼井
トレイナーが参加しました。
リーダーシップバッジ取得のために、土浦・中央青年の家で行われた、
ブラウニーラリー2日目の9月30日(日)の午前中に実習をしました。
オリンピック開催のイギリスは、ピーターラビット発祥の地でもあり、レンジャー達は
ピンクの耳をつけ、飛行機に乗ってやってきた「レンジャーラビット」に扮してブラウニー
スカウトの前に現れ、一緒にゲームを楽しみました。
リーダーシップバッジ(ピン)は、成人会員になっても制服の右胸や、私服に付けることが
出来ます。


「レンジャースカウトが企画したゲームを、笑顔で参加してくれたブラウニー達。
「レンジャーラビットが一番楽しかった」と、沢山のスカウトが感想を書いてくれたそう
です。今回参加したレンジャースカウトがリーダーになることも楽しみですが、ブラ
ウニー達も「素敵なレンジャーになりたい。素敵なリーダーになりたい」と少しでも
思ってくれたら、私もうれしいです。

<ブラウニーラリーにレンジャーを引率した2団富永リーダー(プロジェクト委員)


ブラウニーラリー


平成24年9月29日(土)〜30日(日)
土浦市・中央青年の家で、ブラウニーラリーが行われました。

筑波の山に集まってきた41名のブラウニー3年生は、各団のオリンピックの
代表選手として2日間を過ごしました。
ラリー開会式はオリンピックの開会式でもあります。

  

みんながひとりひとり炎が描かれたオレンジ色の用紙を手に入場してきました。
得意なスポーツや得意なことを名前とともに自己紹介をしたら聖火台に一枚ずつ
貼り、炎が次々に大きくなっていきます。

      

大きな炎がともったところで、さあ、競技の開始です。
縄跳び、腹筋、腕立て伏せ、立ち幅跳び、オリンピッククイズなどパトロールの
みんなと協力して挑みます。

  

個人競技や団体戦などあり、暑さの中で、顔を真っ赤にして汗だくです。

お昼のおにぎりを食べ、午後はイギリスの定番、キュウリサンドイッチとミルクティー
でティータイムを楽しみました。


2日目もオリンピック競技の続きです。
レンジャー扮するラビット達がピーターラビットの故郷イギリスから飛行機で
やってくるとみんな大喜び。ロープを使ったゲームでは、ロープ結びの不得意なブラウニー
でもすぐ覚えてしまいました。

  

レンジャーからずっとガールスカウトを続けてねと、熱いエールを
送られて、あこがれのお姉さんたちにうっとり。

閉会式ではメダルの贈呈式があり、参加証をもらいジュニアにフライアップしたい
との思いを新たに家路につきました。

  



咲かせようさくら
  
 心を一つに 咲かせよう!さくら                        

    713日の早朝、県内各地でスカウト達はバス2台に乗り込み、
     緊張と意気込みが感じられる中、参加できなかったスカウト達の
     思いも届けようと陸前高田に向け出発し、プログラムがスタート
     しました。

    現地に到着し骨組みだけが残った陸前高田市役所前で
      黙祷を捧げ、1.17阪神大震災の神戸から分灯された「希望の
     灯り」前での「慰霊の集い」、今回の目的でもある「桜の植樹」、
     現地の皆さんのお手伝いやボランテイアを行い、お話やふれあい
     の数々をスカウト達は「眼」に「心」にしっかり焼きつけました。
     「希望の一本松」前での「さよならの集い」まで多くのプログラムを
     進めることができ15日夜、茨城に帰ってきました。 
         
         
           
          
           
         
      
何よりも現地での受け入れを快くお引き受けいただき、
      各方面にお手配いただきました多くの皆様のおかげで
      スカウト達は命の尊さ、自然の脅威を改めて知り、
      生きる力をいただき、未来の自分達のこれからの道を
      考える良い機会となりました。

   又この事業を支えていただきました茨城県教育委員会
      生涯学習課の皆様、ローズリングクラブの皆様、
      各団団委員長・リーダーの皆様、ご家族の皆様に心より
      お礼申し上げます。ありがとうございました。
                            (実行委員長 間宮真知子)


       

    
      各団から陸前高田に届けるクラフトがこんなにたくさん集まりました。

    今回現地に行けない年少スカウトやリーダー、保護者の方々から心のこもった
      素敵なクラフトが1,250個余りが連盟に寄せられました。
      さくら実行委員が皆様の温かい気持ちを現地に届けてきました。

    
    
    

中央地区・リーダー研修会

6月2日(土)10:00〜15:00
谷田組集落センターにて、井川T・松山Tの元で
ディキャンプ・エコクッキングが行われました。

 

空き缶でご飯を炊く「サバめし(サバイバル飯)」や
ジップロックで作るオムレツ、ダンボールオーブンで作る
フルーツパイとマドレーヌを食べ、技術もおなかもいっぱいに
なる一日でした。   
   

 
オムレツは油を使わないので、ダイエットにも効果的・・・?

  
 


5月12日(土)茨城県立青少年会館において

社団法人ガールスカウト日本連盟茨城県支部清算総会

及び一般社団法人茨城県連盟第1回定時総会

が行われました。

新しい茨城県連盟旗が旧支部役員から安連盟長に渡され皆さんに
御披露されました。
 

午後からは連盟設立祝賀パーティが開かれました。


 

連盟から各団にいただいた新しい団旗を持っての入場には、旗手が
団委員長だったりリーダーだったりスカウトだったりと会員の
層の厚さに御来賓の
皆様から大きな拍手をいただきました。

歴代支部長もたくさん来てくださり、2代目支部長の須藤様は95歳とは

思えないお元気な姿を見せてくださいました。

アトラクションは年長スカウトの活動報告、42団団委員長とスカウト達の
本格的なオペラの歌声にしばし時を忘れました。最後を飾ったのは、
連盟監事の増山先生のバンド演奏です。被災地支援の応援歌や
「いばらき」の応援歌に私達もおおいに盛り上がりました。
あっという間の時間でしたが、茨城県連盟としてみなさんと楽しくお祝い
出来たすばらしい日になりました。

H24.4.2から一般社団法人ガールスカウト茨城県連盟
としてスタートいたしました。
今後ともよろしくお願いいたします。

 








一般社団法人設立登記について(報告)

春暖の候、皆様にはますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
本日、「一般社団法人ガールスカウト茨城県連盟」設立登記を
行いましたことをご報告いたします。
今後も各団の皆様とともに力を合わせ、ガールスカウト運動の使命を
実現いたしましょう。どうぞ、よろしくお願いします。

 一般社団法人 ガールスカウト茨城県連盟

        <事務局>
              〒310-0034 水戸市緑町1-1-18
                       県立青少年会館内
                       Tel 029-226-5438
                       Fax 029-221-7156
            

メールはこちらへ

このホームページに掲載されているイラスト・写真・文章の
無断転載を禁じます。

 私たちの活動の場は世界です。  一緒に活動してみませんか?